CPAを目指そうぜ!

shcpa06.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 17日

Sentenced

以前も紹介したバンド、Sentencedのラストアルバム「The Funeral Album」
を聴きまくってる。

・家から、喫茶店に行くまで
・喫茶店から電車に乗るまで
・電車から出た瞬間~予備校自習室まで
・勉強の休憩時間
・駅から家まで

さすがに電車の中は、勉強してるか新聞読んでるかだが、
それ以外、だいたい外歩いてる時は、Sentenced聴きまくってる。

凄い、凄すぎるの一言だ。

なぜ、こんな曲が作れるのだろう。
なぜ、こんな絶望と慟哭の世界を表現できるのだろう。

悲しい、悲しすぎる。

特に1曲目

「May today become the day」

恐らく、一将軍の戦争での苦悩を描いている。
その状況はこうだ・・・

Their fire hits us all around
And the siren cries
"Forward! Forward!-We go into attack"


奴らの発砲が俺達を打ちまくり
サイレンが鳴る
''進め!進め!-攻撃だ!''

そして、戦争は泥沼化していく

Iron, fire, blood
Our line's breaking and death a-taking....
Our men from all around
Into the pools of mud
''Forward, Forward...There is no turning back!''


銃、発砲、血
われらが戦隊は崩壊し死を迎える
あらゆるところからやってきたうちの兵士達が
泥まみれになっていく
''進め!進め!・・・後戻りは出来ない!''

そしてついに・・・

The fall back-calling as our soldiers keep falling
''No!! Forward, Forward! I am not turning back!''
May today become the day...
as I plunge into grey
Lead is flying, all the signs are there
They all think that I am brave
The strongest link of our chain
But really I... just want a bullet between my eyes
Aim high


後退
兵士達が倒れていく中叫んでいる
''だめだ!進め、進め!俺は戻らない!''
今日がその日になりますように・・・
南軍に突撃する
銃弾が飛び交い、あらゆる兆候がそこにある
皆俺を勇敢だと思っている
俺達の鎖の最強の輪
だが実際は・・・目と目の間を銃弾に貫いて欲しいだけ
上を狙え!






まさに将軍という立場上、自軍を鼓舞し続けるが、
彼はもう、死にたいと思っているのだ。
みんなは彼を勇敢だと思っているが、実際はそうではない。

これは、つらい・・・。

音楽を通して、その将軍(実際は将軍かどうかの記述はないので、S.H.の想像です!)の辛さ、そして戦争の状況がS.H.の心をえぐりまくる。
そしてヴォーカルが感情込めまくりに歌う・・・。

S.H.泣きまくり。。。
もう、自然と涙があふれ止まらない。。。

勉強・・・
もちろんしてます。

今日からWiley2周目をスタートさせた。
Business Lawを解きました。

渡米する前にWiley2周目を終わらせたい。。。
かなりギリギリの戦いになるが、
この将軍の苦悩に比べたら、S.H.はどんなに楽で、生ぬるい状況にいるんだろう。。。

GLEIMのSimulationも地道に解いてます。

本日の結果
Wiley
Business Law 105/110 (95%)
GLEIM Simulation 1 problem


勉強時間 6時間30分

注) All English Lyrics by Sami Lopakka (Sentenced)
日本語対訳 川原真理子
[PR]

by sh-cpa | 2006-05-17 02:38 | CPA-日々の勉強-


<< ポンペイの輝き      今日の夢・・・ >>